1000年以上の歴史を持つ、日本の伝統文化である『和菓子』。四季の移ろいを小さなお菓子で表現する、まさに日本人特有の繊細さと感性によって受け継がれてきた日本が誇るお菓子です。
和菓子は買うものと思っている方も多いと思いますが、順を追って学ぶことで、初心者でもまるでお店に並んでいるような美しい和菓子を手作り出来るようになります。
この講座では、6回で講師としての技術を身に着けていただけるように、和菓子の中でも上生菓子と呼ばれる『練り切り』だけに特化し、細工棒で 日本の 四季や伝統文化を表現する方法を学んでいただけます。着色の仕方、細工棒の様々な使い方、型抜きの仕方や伸ばし方、簡単そうに見える作業にも、先人の知恵がたくさんあります。手軽さや見た目も大切ですが、長い歴史を持つ和菓子の伝統技術や背景、繊細さも日本人として大切に守りたい。

そんな想いから、今回の講座はJSA初となる監修者を入れた講座となります。

 

 

 

 

 

 

練り切りアート®認定講師講座

練り切りアート認定講師講座詳細

 

2時間×6回 税抜き104,500円

(講座料金 税抜き72,000円、材料・道具・テキスト代税抜き32,500円)

 

認定料 税抜き20,000円(認定証・フリーレッスン用レシピ3枚付き)

 

年会費 税抜き3,000円

 

12時間の中で、17作品(大型作品あり)をつくりながら40種の技術が学べる、充実した内容のコースです。

1回目 『春 sakura an』

  • 春野

  • さくら

和菓子の基本について・着色・包餡・伸ばし方・外ぼかし・きんとん通しの使い 方・折り方・三角棒の使い方などを学びます。

 

 

2回目 『夏 ume an』

  • 花火

  • 水面

  • 朝顔

丸棒の使い方・抜型の使い方・渦巻きのつけ方・切り方・グラデーションぼか し・茶巾絞りなどを学びます。

 

 

 

3回目 『秋 pumpkin an』

  • 紅葉

  • 薔薇

切り込みの入れ方・重ねぼかし・内外ぼかし・葉脈のつけ方・花芯のつけ方・三 角棒アレンジなどを学びます。

 

 

 

4回目 『冬 koshi an』

  • 富士

  • 着物

  • 椿

グラデーション茶巾絞り・つまみ・生地合わせ2種など

 

 

 

 

 

5回目 『創作 kurogoma an』

はさみ・茶巾絞りアレンジ・造形などを学び、洋風のデザインにもチャレンジし ます。

・クローバー
・ウサギ
・小鳥

 

 

 

 

6回目『卒業制作』

今までに学んだ技法を取り入れ、オリジナルの練り切りを2つ作成いただきます。​

 

  • 6回の講座は、1回目から順に受けていただき、毎回のレッスンで認定をしてい きます。

  • 6回講座終了後に、講師登録が必要です。(認定登録料 税抜き20000円 年会費税抜3000円)

  • ご登録後,3週間以内に講師認定証を発行いたします。

  • 受講終了期限・・・練り切りアート®認定講師口座は、餡の賞味期限が あるため講座開始後半年以内に終了いただくようお願いしま す。

詳細は日本サロネーゼ協会のホームページをご覧ください。

 

日本サロネーゼ協会 http://salone-ze.com/

 

 

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon

© 2015 by Twinkle